Home » バイオリン超初心者向け事例解決集 » 8.新春全国公開の映画「この道」のポスターにはバイオリンを弾く上でとても大切なことが映っている

8.新春全国公開の映画「この道」のポスターにはバイオリンを弾く上でとても大切なことが映っている

2019年1月11日全国公開の映画「この道」。わが町、福岡県大牟田市でも上映される。

芸術性の高い、子どもの感性を育む童謡、童話を掲載した「赤い鳥」が鈴木三重吉により1918年(大正7年)に創刊されて100年。「赤い鳥」にも参加した北原白秋(詩人)と山田耕筰(作曲家)を描いた映画のようだ。(因みに赤い鳥には、大牟田市のお隣、みやま市瀬高町出身の詩人、与田準一も参加している。)

昨年行った熊本県南関町のバイオリン行脚の記事でも触れていますが、北原白秋は南関町の出身ということで、佐藤町長が映画「この道」についてめっちゃ熱く語っていらっしゃいました。

さて、このポスター(公式サイト)を見てみると、
山田耕筰役のAKIRAさん、バイオリン弾いてます。そして、バイオリンを弾くうえでとても大切なこと。

簡単そうだけれど、簡単ではない。

駒に平行に弾くというのは人間にとって自然な動きではなく、練習が必要になります(自然な動きというのは、例えば平泳ぎのように前に伸ばした腕から左右に弧を描くようにするということ。確か所ジョージさんの番組でやっていました)

この動きは、バイオリンをきれいな音で弾くための基本となります。練習するときに自分の右側に全身が映る鏡を置いてチェックするとよいですよ。

鏡を見ながらは難しいという方は、こういうものを使っても良いと思います↓

次は、ネットで買うバイオリンについてです。これから買おうと思っている方ぜひ。

★2027(令和9)年ドロシーみきこは大牟田なないろ音楽隊をつくって、大牟田なないろバスを走らせる!全国1750市区町村バイオリン行脚も作曲も講演もブログも全てはそのために!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Name
Email
Website