Home » バイオリンさんの困った事例集(初心者、独学の方向け) » 9.バイオリン買うの待ってください!ネットに売ってる初心者用バイオリンセットは「初心者用」ではない。なぜなら…

9.バイオリン買うの待ってください!ネットに売ってる初心者用バイオリンセットは「初心者用」ではない。なぜなら…

「ネットで初心者用(入門用)のバイオリンを買ったのですが…音の合わせ方がわかりません」…そうおっしゃる方多いです。

習いにいくというのはちょっと敷居が高いから、ネットでとりあえず「初心者用(入門用)バイオリンセット」というものを買ってみたものの→弾けない→押し入れに…となるようです…が、

ちょっと下の記事を読んでみてください。
もちろん、これからバイオリンをポチッと買おうと思っている方も…

当事務所を設立したとき、なんかインテリアがほしいなぁと思って壁掛け用にバイオリンを買いました。演奏するつもりはないので、とりあえずネットで。まったく同じではありませんが、こんな感じのものでした(こんなにたくさんのセットはついていませんでしたが)↓

え、これインテリア?いや、演奏用にめっちゃお得やん!と思われた方もいらっしゃるかもしれません。「そうそう、私が買ったのこんなの」と思われた方もいらっしゃるとおもいます。

すでに購入された方には申し訳ないのですが、このようなネットに出回っている1万円前後の初心者用(入門用)のバイオリンセットは、私の経験上、初心者の方には向かないと思います(値段についてはあくまで2019年1月現在の私個人がわかる範囲の目安です。もう少し高ければ全く問題ないということではありません)。

なぜなら、まずチューニング。上記の楽器は4本すべての弦にアジャスターがついていますが、あなたが購入された(購入予定の)バイオリンにはアジャスターはついていますか?。全くバイオリンに触れたことのない初心者で、独学でやっていきたいとお思いでしたら、まずこのアジャスターがすべてついているバイオリンをお勧めします。(→参考記事はこちら

上の参考記事にも書いていますが、ペグをまわしてチューニングは大変。でも、アジャスターだけを使って永遠にチューニングできるわけではないので、いつかはペグを使うときもくる。そうなったとき、安価な初心者用(入門用)のバイオリンのペグは特にカタイ、ツライ。これは私がインテリア用に買ったバイオリン一つに限ったことではなく、インターネットでそれを買われた方々のものを見せて頂いたときに感じた事です。

試しにチューニングしてみたら、ものすごく時間がかかりました(1時間くらい)。音がなかなか安定しない。とにかく作りが…残念なので、ペグがものすごくまわしずらく、これは、初心者の方が扱える代物ではないということ。

工房や楽器店にいって調整してもらうこともできないことはないですが(もしかしたら断られるかもしれません)、もともとの作りが作りなので限界があると思います。

「初心者用(入門用)のバイオリンセットは初心者には向かない」という理由はほかにもあります。

かなり安価な弦が使われているということ。細く切れやすいです。切れた場合、張り替えれば済む話ですが、どんな弦が良いのか、張り替えはどのようにするのかまず初心者の方には難しいですよね。仮に良い弦に張り替えたとしても、やはりバイオリンのボディの作りが作りなので良い弦を響かせることができない。

結局、ペグの調整や弦の張り替えをする時点で手間とお金がかかりますよね。しかもお金をかけてもきれいな音が出ないならやはり、もったないないです。

「きれいな音が出ないのは私が下手だからでは?」とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、プロが弾けばある程度の音は出ますが、やはり限界があります。

まだ納得いかない方は、試しにプロのバイオリンを借りて弾いてみてください。初めてバイオリンに触れた方でも「音が違う!」ということがわかられると思います。

当事務所でも無料体験レッスンをしています。お子さま~大人の方まで3種類のサイズを揃え、しかも大人の方用には、1700年代~2000年代製作のバイオリンを揃えてますのでいろんな音色を体験してみてください。

「でも弾けないから違いがわかるわけない」という方、ご心配なく。無料体験レッスンでどなたも音が出せるようレッスンいたします。あなたご自身がバイオリンをあごに挟んで弾くということは、あなたがテレビやコンサートで聞いたことのあるバイオリンの音色をまさに耳のすぐそばで近くで聴くということですから、音の違いが判るわけです。

ほかにも、よく初心者用(入門用)バイオリンセットに付属している(上のバイオリンセットにもついている)ピッチパイプ(調子笛)は正しいチューニングはできません。

というわけで、初心者用(入門用)のバイオリンは初心者の方には向かないという矛盾をお分かりいただけたのではないかなぁと思いますが、インテリア用や音がとりあえず出ればよい、もしくはバイオリンを構えて写真を撮りたいという方にはお得なお買い物だと思います(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Name
Email
Website