筆者紹介

千葉県生まれ、熊本県育ち、福岡県大牟田市在住
オンガッカ(バイオリニスト、作曲家)
名前はドロシーみきこです。

大牟田に住むようになったのは炭鉱閉山後であり
福祉施設等に勤めながら週末に町おこしや演奏活動をしていたが
2010年ドロシーみきこ音楽事務所を設立
同年、CD「百十四年の息吹」が全国発売された

2015年には大牟田市の世界遺産登録を祝して組曲「世界遺産」を作曲、CDも発売

また2018年4月には大牟田市の篤志家の依頼による初のオーケストラ曲「新世界遺産・大牟田」を作編曲(元になる曲は2011年作「世界遺産へ~歴史の大地に立つ大牟田~」というオーケストラ打ち込みのソロ曲)、地元明光学園のオーケストラ部と福岡西陵高校管弦学部の合同オーケストラで初演、同年11月には福岡県高文連の大会で研修曲として採用され、県内7校の合同オーケストラにより演奏される

閉山後の大牟田や、全国の方々へも元気を届け
また元気をもらおうと思い立ち全国全ての自治体をまわる
元気のバトン 全国1750市区町村バイオリン行脚」を実施中
当ブログのカテゴリ「音楽は自由だ!」でもバイオリン行脚について綴っていきます(2018年~)

(承っていること)
1.演奏・講演
2.作曲
3.レッスン

2019年現在8年の講師経験と900回以上のライブ歴をもとに、
生徒さんの好きな曲(ジャンルを問わず)が弾けるようになるよう、
またステージで弾くことを念頭に置きながら独自の視点で、
根気強くレッスンを行う

旧ブログアメブロにも以前のバイオリン行脚について書いています

2012年の年末、自分でガンらしきものを見つけ
2013年より手術入院、放射線治療、投薬治療、服薬治療を続け(抗がん剤ではない)
2018年5月で治療終了
その後は年に一度の通院となる

ストイックではなく自分のペースで身体を健康に保つことを心がけ
また再発防止のためにまとめておきたくてブログにしましたが、これから大牟田市に元気をつなぐオンガッカとしての活動も綴っていきます

オンガッカ(バイオリニスト&作曲家)ドロシーみきこの公式サイト

大牟田市に元気をつなぐ活動に関心のある方、私の活動をお届けしたり、あなた様のご意見を伺ったりするLine@でお友達になってくださいませんか?

友だち追加


大牟田市に元気をつなぐ活動の概要はこちらです!!