Home » 心(脳)と身体のこと » ガンを自分で見つけて告知されるまで(2)

ガンを自分で見つけて告知されるまで(2)

ガンを自分で見つけて告知されるまで(1)」より続く

手術のための入院は2013年の3月と決まった

その後、放射線治療、投薬治療、服薬治療という流れ(私の場合抗がん剤ではない)

ガンと決定してからは
ネットや本を読み漁った

手術は決まったのだけれど
もしかしたら治せるかもとビワの葉のお灸をやってみたり
病院にまかせっきりにならず自分でガンと闘うことをあれこれ考えていた

ガンって「2人に1人がなる」と(ざっくり)言われているけれど
身近だろうか

ガンになってもそれを公表しない人も多いし
家族でガンの人が多ければ身近なのだろうが…
私はそこまで身近ではなかった

だからやっぱり「ガン」と宣告されたときはショックと不安ですよねぇ…(「ガンを自分で見つけて告知されるまで(3)」へ続く)

★2027(令和9)年ドロシーみきこは「ハチドリ芸術社」をつくって、「ハチドリ芸術バス」を走らせる!全国1750市区町村バイオリン行脚も作曲も講演もブログも全てはそのために!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website